大人向け性教育講座

〜子どもの「性」の疑問について、ちゃんと説明できる親になろう〜

 

 

 

お子さんからの「性」に関する質問に、ちゃんと答えられますか?

「せいりの学校」は、子どもに対する性教育の仕方を、親が学ぶ講座です。

この講座を受けていただくことで、性教育について自信を持ってちゃんと伝えられるようになります。

講師は現役助産師である岩本が担当、出産の現場を見てきた経験を交えてお話いたします。


「せいりの学校®」はこんな方にピッタリの講座です

✓ 子どもからの性の質問に困ってしまう

 自分が性教育をしっかり受けていない

 性教育をしっかり学びたい人

 性に対して苦手意識がある人

 わが子を守りたいとおもう親御さん

 アダルトビデオにはない性教育について知りたい

 性にオープンではない環境で育った

 

性について知ることは、お子さんの人生や身体を守ることにつながる大切なものですが、残念なことに日本では、十分な性教育が行き届いていない現状があります。

性教育について自信がないという親御さんは、この講座で性教育の正しい知識を身につけてください。


講師紹介

助産師 岩本知帆

講師プロフィール

【資格】

NCPR Bコースインストラクター
日本おまたぢから@講認定講師
子育て赤ちゃん学協会ベビーマッサージ認定講師
岩本式レディース整体創設者 整体師
デリケートゾーンケアアンバサダー

 

【経歴】

2006年 日本赤十字北海道看護大学卒業

2006年~2012年 総合病院勤務

2011年 長男出産

2013年 次男出産

2014年~ 産婦人科クリニック勤務

2015年 長女出産

2018年 次女出産

2019年1月 出張専門 さくらんぼ助産院開院

のぞまない妊娠をなくしたい—

産婦人科には、中学生、高校生、驚くことに小学生が性被害や妊娠の可能性で診察を受けている現状があります。

のぞまない妊娠をして、中絶を繰り返すことで、本当に赤ちゃんが欲しいときに,

授かりにくくなってしまう。

また、誰にも言えずに、のぞまない出産をすることの辛さと悲しさ…。

子どもを産むことは、女性にとって新たな楽しみを見つけること、そうなって欲しいと思っています。


講座案内

「せいりの学校®」には、「初級講座」と「本講座」のふたつがあります。まずは、初級講座を受けていただき、その後、希望の方は本講座にお進みください。


せいりの学校® 初級講座

初級講座は、性教育のベースになる部分をお伝えする講座です。

 

内容

・いのちの始まりと愛を知る

・0歳からスタート出来る性教育

・おちんちん、おまたの正しい洗い方

・おまたの正しい拭き方

・女の子と男の子の違い

・プライバシーゾーン

・子どもからの「なんで?」に答えるベストアンサー

・性被害を避けるために

開催概要

時間:2時間 

場所:てくとの家(岡崎市牧御堂町郷中77)

日時:2019年5月23日(木)10時~12時

   2019年6月27日(木)13時~15時

   2019年7月11日(木)10時~12時

受講料:6,000円(税込)

ペア割(ご夫婦・ご友人) お二人で10,000円(税込)

 

お子様連れ可能ですが他の受講者様のご迷惑とならないようご協力お願いします。

 

お申し込みはこちら


せいりの学校® 本講座

親子のための性教育をサポートする講座です。こころもからだも自分で守れる子を育てられる親になろうをコンセプトに性の話、いのちのはじまりの話を、自然な命の営みの一部として、家庭で当たり前に話せるようにサポートします。本編です。初級編受講後にご受講ください。

 

内容

・子どもの成長段階に合わせて、性について話す時期とポイント

・科学的に伝えるために必要な知識

・健康に生きるための知識と方法(生理の基本、基礎体温、生理時のお手当、安全な生理用品、生理時の過ごし方など)

・自分や相手を認めるコミュニケーション能力

・子どもが相談できる親子の関係を築く方法

・緊急時の対処法(避妊、予期せぬ妊娠・性被害)

・男の子が知っておくべき生理・性病・避妊について

開催概要

時間:5時間 

場所:てくとの家(岡崎市牧御堂町郷中77)

日時:2019年6月18日(火)10時~15時

   2019年7月17日(水)10時~15時

受講料:期間限定価格 30,000円→25,000円(税込)

 

乳児のお子様連れ可能ですが、他の受講者様のご迷惑とならないようご協力お願いします。

 

お申し込みはこちら


本当にのぞんで子どもを授かって、幸せな家庭をつくって欲しい。それが、親の願いではないでしょうか。幸せな子どもの未来をつくっていくために、親御さん自らが「性教育」について学んでいただければ幸いです。